2015年05月19日

BIC SIMなら当日開通!

やさかゆきa0002_010709.jpg

この2週間、あれこれ悩みました。

価格は3Gで1600円程度で、通信速度も同じようなもの。
回線は、たいていはdocomoの回線を利用していて、
au(mineo、UQmobile)や、
ソフトバンク(Y!mobile)の
回線を使っているところはあるけれども、
そんなに変わらない感じ。
(Y!mobileは、10分以内の通話が
月300回以内なら無料というのがついている
かわりに1000円くらい高い)

だったら、インターネットの総元締めみたいな会社、
IIJのサービスを受けたいかな、と思った。
IIJみおふぉんというサービス名で提供しているんだけれども、
DMMmobileやBIC SIMもこのIIJみおふぉんの
サービスに乗っかっているということが分かった。

だったら、どうなのよ?
店員さんと相談しながら、スマホ本体も
自由に選べて、IIJみおふぉんの申し込みを、
手取り足取りやってくれて、
しかも、当日開通! 
というビックカメラの、BIC SIMがいいかな、
という結論に達したのでした。

事前に準備するのは、MNP予約番号の取得。
これは電話で簡単にできる。
携帯の会社の店頭でも行える。

それから、お店で受信できるメールアドレスが必要。
これが難しければ、GMAILのアカウントの
IDとパスワードをメモして持っていけば、
店員さんが受信してくれる。
もちろんIDとパスワードの記憶は消してくれる。
それと免許証などの証明書と
本人名義のクレジットカードだね。

本体は、日本製にしたかったし、
高い機種では格安スマホの意味がないと思って、
freetel XMというのにした。
ハイスペックなのに3万円前後という安さだ。

「留守電機能はつけられません!」と
言われたときには「ガーン」でしたが、
「みおふぉんでは留守電できるんですけど」
と、言ったら、問い合わせてくれて、
IIJのWEBサイトで申し込めばOKとのことなので、
安心して進められました。

家にもどってきてから、
まずSIMカードを挿入。
充電しつつ、APNの設定をする。
これも、別に難しいことはない。
心配ならビックカメラで、
この設定を有料でやってくれる。

とりあえず、通話はできるようになった。
留守電の設定もできたし、
スケジュールアプリやOneNoteなどの同期設定もして、
一安心、というところまできた。

これが、1日でできるというのはうれしいね。
WEBで申し込むとSIMパッケージが届くまで
1週間とか書いてあるからね。
とりあえず、報告です。
posted by 招き猫 at 01:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 格安スマホ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。