2015年04月16日

就職率が高い「第一種電気工事士」をめざせ

a1180_008669.jpg


第一種電気工事士は、電気工事関連会社はじめ、
ビルメンテナンス、工場など幅広い分野で活躍できる。
不景気でも電気工事の仕事はなくならないのだ。
それどころか、東京オリンピックがきまって、
大工さんや左官さんの日当が高騰していることもあるし、
今後、期待できる資格だといえる。

その割には、短時間の学習で手早く取得しやすい国家資格だ。
再就職や定年後の仕事としても活用している人がたくさんいる。

試験は、筆記試験と技能試験があり、
技能試験で苦労しているケースが比較的多いようだ。
だから、技能試験の練習が大切。
翔泳社アカデミーの講座では技能試験練習用部材セットで
十分な練習ができるから心強いニャン。


タグ:就職 資格
posted by 招き猫 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417361495
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。